FC2ブログ

日照時間2

日照時間2

雄プラントは、THCの使用可能な量を与えないので、ほとんどの生産者は、それらを
廃棄する
これらの雄プラントは、雌性プラントを授粉させ、それは雌性プラントが種子を
作り、より少ないバッズを作り出す原因となる

育種を計画していないのであれば、大部分の栽培者は、通常、それらの芽がある
ところにブドウのようなボールを成長させるのに気付いたらすぐに雄のプラントを
破壊することが重要である
残念なことに、通常の(女性化されていない)大麻種子の約50%は雄株(ただし
これは系統ごとに異なり、環境ごとに異なる)である
小規模な栽培者にとっては幸運なことに、雌株(全雌型)の種子を購入することが
できるため、その場合、雄プラントについて心配する必要はあない

大麻プラントには、夜間の暗闇の長さを検出できる内部プロセスがあり、これは
それらが「明期」のプラント、特に「短日」のプラントであるためであり、それは
これらのプラントが日が短くなり始めるときに花/つぼみを作り始めることを
意味する

野生では、日が短くなり夜が長くなるにつれて、大麻プラントは冬が近づいて
いることを「認識」して、出芽/開花を始める
それがそのライフサイクルの終わりに近づいていることを「知っている」ので
それは、必死に冬の前に間に合うようにバッズを作り始める

屋外での大麻栽培の場合、太陽が独自に物事の世話をするので、栽培者は、開花を
誘導する何もする必要はない
夜間にプラントに光が当たらないようにすることが重要である

しかし、屋内栽培の場合、栽培者は、開花を誘発し、バッズの作成を開始させる
ために冬が近づいているようにプラントをだまさなければならない
これは、プラントの明かりのスケジュールを12-12に変更することによって行われ
そこでは、大麻プラントは1日に12時間の明かりと12時間の総暗闇を得る

ライトの開始時間と終了時間が毎日同じであれば、最良の結果が得られる
オートマチックライトスイッチのように、ほとんどの栽培者は、ライトをオン/
オフするタイマーを用意することになる

光周期依存株とオートフラワー株
光に反応するすべての大麻株(光周期がどの段階にあるかに影響する)は、
光周期依存株と呼ばれる
自動開花株は、毎日どれだけの明るさがあるのかをほとんど無視している
それらを特に大麻種子銀行から買わない限り、一般的にこれらに遭遇しない

検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR