完璧な栽培部屋を作るための7つの指針 排気システム

完璧な栽培部屋を作るための7つの指針 排気システム

1.隠蔽
2.排気設備
3.栽培領域
4.匂いと騒音
5.人の出入り
6.電気設備
7.損害

2.排気システム

排気システムは、大麻栽培用の設備を作る必要がある
強力な栽培用の照明光は熱くなる
LEDも250W以上のパワーを引き出す大型モデルになれば熱くなる
そのため、栽培部屋には、暑くて古い空気を引き出し、冷たい新鮮な空気で庭を
補充するシステムが必要である

一般的な選択肢(これは私がやっていることで、おそらくほとんどの愛好家の
栽培者がやっていることである)は、ファンとダクトを使って窓から熱を排出して、
栽培空間から空気を吸い取ることである

これの主な課題は、使う窓が外部から正常に見えるようにすることである
誰も換気口として使用していると思わないようにする

これを行う方法にはいくつかのアイデアがある
栽培空間から熱を排出する最も一般的な方法の1つは、排気システムとしてファンと
ダクトを使用して窓の外に熱を放出することである

何らかの理由で窓を外に出すことができない場合、そのオプションが開いていれば、
家に直接排気システムを構築するための多くの解決策がある

熱い空気を逃がすための1つの方法は、天井に穴を開け、天井に断熱ダクトを通す
ことである
ダクトは、屋根裏部屋の熱と湿気の蓄積を防ぐために外側の換気口に至るまで
走っていなければならない
屋根裏部屋の構造が損なわれる可能性があるので、屋根裏部屋で立ち上がり、
働くのに十分な空間が必要である

この作業を行う場合は、重要な骨組みを切らずにダクトを通すことができることを
確認するために、天井の梁の間隔を事前に確認しておく

フロアの下と家の下にダクトを走らせることは別の選択肢を提供する
栽培場所の近くに便利な煙突を持っている場合、それはまた幸運な選択肢になる
部屋を最初に選ぶとき、排気システムを事前に把握する必要がある


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント