完璧な栽培部屋を作るための7つの指針 匂い 1

完璧な栽培部屋を作るための7つの指針 匂い

1.隠蔽
2.排気設備
3.栽培領域
4.匂いと騒音
5.人の出入り
6.電気設備
7.損害

匂い

大麻の最も魅力的な部分の1つは、その辛くてユニークな匂いであるが、残念な
ことに、同じ楽しい臭いがすぐに認識され、多くの問題を引き起こす可能性がある

開花期のマリファナプラントの栽培部屋は、その美味しい匂いのためのプラントで
あり、栽培者の雌プラント保護するためには、その臭いの問題を解決しなければ
ならない

素早くプラントの臭いを中和するための選択肢をスピードアップし、最も効果的な
方法を説明する

栽培部屋の臭いを止めることになると、多くの選択肢がない
空気から匂いを「こすり落とす」方法を見つけるか、匂いを隠す方法を見つける
ちょうど1つか2つのプラントの小さな栽培のためならば、通常、匂いを覆い隠す
ことができる
より大きな栽培規模では、隣人の注意を引く可能性のある匂いが漏れていないことを
確認するために空気を擦る必要がある

栽培室で匂いを取り除く主な方法は次のとおりである

カーボンフィルター/スクラバー
臭気中和剤
空気清浄機
オゾン発生器 - 使用しない

カーボンフィルター(カーボンスクラバー)は実際に空気から匂いを引き出し、
通過するあらゆる臭気を中和する。
排気ガスから出てくる空気を中和することが重要な場合は、カーボンフィルターが
必要である
良いカーボンフィルターは、窓から大麻のにおいを漏らさないようにする

これらの装置は、活性炭を使用して、フィルターを通して押し出されるあらゆる
空気から臭気および他の不純物を化学的に吸収する

カーボンスクラバーを使用すると、匂いのあるマリファナの空気がフィルターを
通過する状況を設定する必要がある
換言すれば、ファンを使用してカーボンフィルタを通って空気を押し込む必要がある

これを行う最も一般的な方法は、排気システムの一部としてカーボンフィルターを
設置することである
排気ファンは、栽培エリアから熱気を引き出す
熱い空気がプラントから引き抜かれると、カーボンフィルターは途中で空気から
悪臭を擦る

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント