完璧な栽培部屋を作るための7つの指針 匂い 2

完璧な栽培部屋を作るための7つの指針 匂い 2

1.隠蔽
2.排気設備
3.栽培領域
4.匂いと騒音
5.人の出入り
6.電気設備
7.損害

適切なカーボンフィルターの検索とインストール方法

1.)排気ガスの直径を特定する

多くの標準的な空冷式マリファナ生長灯には、6インチの排気穴(6インチの空冷式
フード)が装備されている
テントを使用しているほとんどの小規模栽培者にとって、ファン、カーボン
フィルター、ダクトなど、すべてを6インチで手に入れたいと思うであろう

なぜ6インチかというと、 6インチのファンは、ほとんどすべての小規模な栽培地
から空気を排気するのに十分強い
4インチのカーボンフィルターには弱すぎる場合が多く、通常の空冷式のライトには
適合しない
より商業的な用途のために; 大規模な密閉領域から大量の空気を移動するのに適し
た非常に強力な(そして高価な$$$)ファンを必要とし、標準的な成長栽培に直接
接続することもできない

2.)ファンとカーボンフィルターの間のCFM評価を合わせる

カーボンフィルターの "CFM"定格が、ファンに記載されているものと同じか、
または、わずかに高いことを確認する
これにより、効率を最大限に高めるが、セキュリティ上のメリットも追加されて
いる
カーボンフィルターは、効果的な臭い除去のために十分な空気を取り入れる

たとえば、カーボンフィルターに「300 CFM」と書かれている場合、ファンの
定格は300 CFMか、それよりも少し低くする必要がある
600CFMのファンは、300CFMのフィルターが脱臭できるよりも空気を吸い上げる
であろう

3.)排気システムにファンとフィルターを取り付ける

排気システムの後部に配置されたカーボンスクラバーは、大麻の匂いが逃げる
危険を最小限にする


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント