CFL栽培ライトでマリファナを育てる方法 5

CFL栽培を開始するには、1プラントあたり約80wのCFLが必要である
ここでは、1プラントあたり2つの40Wから始めることを説明する

開始する2つの40W CFL 昼光

プラントが発芽を開始したら、開花段階に少なくとも3つの42Wの「ソフトホワイト」
CFLを追加することをお勧めする
スペースがあればさらに追加できる
開花期のCFLについては、より多くの光を使用することで、より多くのバッズが
生産される

これらのライトは、店舗やオンラインで簡単に見つかる
ワット数の低い電球を手に入れても構わないが、電球がたくさん出るので電球が
40ワットに近いのが、小さくて扱いやすいサイズのため好まれる

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?