発芽から急成長させるには 4

種子が発芽せず、適切に生育していない場合は、以下の要素を考慮する

発芽が全くない場合は...
温度が暑すぎたり冷たすぎたりする可能性があります 24~27℃
過給水 - 種子や実生の根は常に湿っている必要がある、過度に湿っていてはいけない
給水不足 - 根が乾くと苗が死ぬことがある
悪い種子 - 種子そのものが原因

種子が生存可能かどうかの判断
種が発芽したら、成長が止まる

温度が高過ぎるまたは寒い - 24~27℃を目指す
あまりにも濡れている - 新しい苗は "濡れた足"が好きではありませんので、
ラピッドルーターや培地が過剰水分であるかを確認する
このため、通常は、空気が乾燥していない限り、苗木で湿度ドームを使用しない
ようにすることをお勧めするが、クローンは湿度ドームを(彼らは水を得るために
任意の根を持っていないので、それらは空気から水を必要とする)愛するが、
実生苗は、もう少し乾燥が必要で水分が多いと根がねばりを取得する傾向がある
非常に乾燥した地域に住んでいない限り、あまり一般的ではないが、急速に成長
する苗を持っていれば、培地は速く乾くことがある

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?