FC2ブログ

CFLで大麻を育てる方法7

CFL栽培ライト

CFLと大麻については、基本的にプラントにあまり光をあてることはできない
より強力なタイプの成長ライト(HPSやLEDなど)を使用すると、涼しい気温でも
プラントを軽く燃やすことができる
しかし、CFLの場合は、多くの光をあてることは非常に難しいので、栽培者の
主な仕事はできるだけ多くの球根をプラントにできるだけ近づけることです
(熱からあなたのプラントを燃やさずに)
旧式の白熱電球とCFLを混同しない
40~42ワットの範囲にあるCFLは、マリファナを育てるのに最適であり、苗木、
クローン、補助照明としても使用できる

マリファナを成長させるために何個のCFLが必要か?
CFLを使用してこれらの原則に従うことで、毎回大きな収率を得ることができる
1.)
1株の小規模プラントにとって十分な光である約150W相当のCFLから始める
プラントごとに合計150Wで開始
設定例: 2 x 40W「昼光」CFL + 2× 42W「ソフトホワイト」CFL

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR