FC2ブログ

大麻の雄プラント 6

雌雄同体やバナナを避ける方法

1.)一貫性のない開花を避ける軽い期間と軽いリーク
タイマーで屋内照明を維持し、可能であれば照明スケジュールを変更しない
屋外のプラントが夜間に街灯、洪水灯その他の人工灯に曝されないようにする
暗期を尊重する- 開花時には、すべてのプラント(自家受粉株を除く)が毎晩
少なくとも12時間の暗闇で暗闇に倒れるようにすることが重要である
どのような系統であっても、日常の生活の中で一定のスケジュールにプラントを
保つようにする
これは、それらが日周期のリズムを設定するのに役立つ
また開花期の光周期プラントでは、何らかの理由でプラントの12時間の暗期を
光で中断しない

暗い期間中、プラントは太陽光が現れるまで時間を「数え」ており、この過程を
中断することは、プラントにバナナや雌雄同体を生産させる最も一般的な方法の
1つである
また、プラントが栄養段階に戻ってしまう可能性もある
上記の点に加えて、 暗闇の中に外光をフィルタリングすることができる、栽培
空間に光漏れがないことを確認する
暗闇の間、プラントは完全な暗闇にする

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR