FC2ブログ

大麻の雄プラント 7

4.)主要なプラントの問題を防ぐ

プラントに大きなストレスが加わると、プラントがバナナや雄の花粉嚢の生産を
含む予測不可能な方法で反応する可能性がある

・主要栄養素欠乏症
・栄養素やけ - あまりにも多くの栄養素を与えられた
・害虫の侵入
・葉の総損失(通常、過度の枯渇または害虫の結果)
・プラントへの他の巨大なストレス

5.)常に信頼できる遺伝子の種子を使う

雌雄同体の性別のバッズは、専門家が作っていない種子を栽培するときによく
見られる

女性化された種子は雌を生産しない
したがって、バッズに種子が見つかった場合、それは悪い栽培方法(雄株が
時間内に除去されなかった)または何らかのタイプの過失(プラントに
ストレスが与えられ、自家受粉されたため、次世代もそうする可能性が最も高い)

信頼できるブリーダーから種を購入しているとき、彼らは意図しない受粉を
防ぐために非常に長く栽培し、そして、雌雄同体の特性を示していないプラントを
特に選ぶ

たとえすべてのことを正しい栽培をしても、時々、雌雄同体のプラントに遭遇する
それは、栽培の事実である

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR