FC2ブログ

大麻摂取の方法

大麻摂取の方法

大麻摂取にあたって第一に大麻がエンドカンナビノイド系を介して身体に接して
いることを知ることが重要である
エンドカンナビノイドシステムは体内で最適なバランスを維持する大規模な規制
ネットワークである

エンドカンナビノイド系は、気分、運動能力、痛み、快感、食欲、繁殖、免疫機能
および、睡眠を含む多くのものの役割を果たす
大麻は、特殊な細胞レセプターと結合することにより、内分泌動態システムに
関与し錠に適合する鍵のように作用する
さまざまな消費方法が身体にどのように関わっているかについて簡単にガイドする

1.喫煙

大麻を吸うと、カンナビノイドの化学構造が変化し、熱を介して、精神活性THCを
作る

ジョイントを作る方法

その吸う煙は、「ハイ」化合物を含むものである
しかし、喫煙にはいくつかの短所がある
THCは血流に流し込み、それによって脳や体の周りを移動するが、精神活性の
良い部分は、口や煙自体に直接さらされている組織のカンナビノイド受容体と
結びつく

治療目的(例えば、がん患者のために)で大麻を本当に多く必要とする場合
大麻の完全な治療用量に達することは非常に困難である
大麻喫煙は、まだ肺がんリスクの増加と関連しているが、煙は時間が経つと
肺に微量のダメージを与える
これは、炎症、咳、粘液産生、および、気管支炎様の症状を引き起こし得る
すべてにおいて、喫煙は人ができる最も健康的な決定ではない
喫煙をやめると症状は治まるであろう

2.気化

喫煙の潜在的なリスクを避けたい人にとっては気化はいい選択肢である
気化熱は、カンナビス樹脂が放出される点で大麻成分になるが、プラント材料を
燃やすのに十分な程度に大麻を加熱しない

これにより、発癌性の灰分が排除され、煙に由来するフリーラジカルが減少する、
THCや他のカンナビノイドは中枢神経系に関与し、気化するとすぐに血流に入るが
特定の状態では大麻の効能用量に達するのに苦労するかもしれない

気化すると、大麻をシステムに吸う主な方法として吸入に限られる
大麻を吸うと、THCの生物学的利用率は平均約30%である
つまり、消費するTHCの約30%を使用することができる
さらに、吸入された大麻は、肺から血流に直接脳に行く

食用大麻のような他の方法は、体内で異なる効果を引き起こす異なる方法で代謝
されるようにTHCを強制する

3.食べ物

食用大麻は、そこで最も強力な配送方法の1つであり、吸入大麻とは異なり、
食用大麻は肝臓によって代謝される
これは、より多くのTHCが体によって使用可能な形に変換されることを意味する
食べ物を食べると、体は11-ヒドロキシ-THCと呼ばれる特定の代謝物をより多く
生成する

このTHC代謝産物は、THCよりも4~5倍の精神活性を有し、それはまた、血液
脳関門をより容易に横切ることができる
これは、食べ物から1つの強力な「ハイ」を得ることを意味する

しかしながら、THCの生物学的利用能は欠点がある
事実、経口THCの生物学的利用能は、わずか約4%~12%である
つまり、消費しているTHCの大部分が無効である
食べ物を食べると、THC自体が高くなったり、THC自体から解放されたりする
のではなく、消費するものの大半がより強力な代謝産物に変化する

1つの研究では、THCの100%までが経口で消費されるとより強力な代謝産物に
変換できることが分かった
他の研究ではこの数値を50%としている
これは、食用大麻が吸入大麻よりもはるかに強力で長く持続する理由である
もちろん、食べ物を稼働させるには、消費する前に大麻を脱炭酸(加熱)する
必要がある
加熱大麻は、精神活性薬の生物学的利用能を改善する

4.大麻オイルとチンキ

食用大麻がないならば、大麻オイルはもう一つの素晴らしい選択肢である
大麻オイルは、大麻を高濃度に抽出したものである
基本的には、大麻プラントの精油を植物材料自体から分離するために溶媒が使用
される
最終生成物は、高濃度のカンナビノイド充填製品である
大麻油および、多くのチンキは、典型的には、アルコールを溶媒として使用して
製造される
プラント材料は、溶媒と共に加熱され、カンナビノイドを活性化させ、樹脂を
剥離する

チンキとアルコールベースの方法は、大量の大麻を必要とする人々に提供する
ことができる
微量投与を望んでいるなら、チンキとオイルもそれに最適である
しかし、大麻を消費する理想的な方法は、少しの脂肪である
カナビス樹脂自体は脂質(脂肪)でできており、カンナビノイドは脂溶性であり
脂肪ではなく水で分解される

ココナッツ油やMCT(中鎖トリグリセリド)油のようなキャリヤオイルで大麻
抽出物を注入すると、製品の生物学的利用能が向上する可能性がある
一部では、リポソームの大麻オイルを提供しているが、見つけにくい場合がある
リポソームオイルは、カンナビノイドが脂肪に包まれ、より速い送達をもたらし
細胞がより多くのカンナビノイドを吸収し、それらを使用することを可能にする
ことを確実にする

5.生大麻

カンナビノイドの酸を保存する唯一の方法は、他のすべての消費方法とは異なり
生大麻を消費することである
加熱の前に、THCは実際にδ9-テトラヒドロカンナビノイル酸(THCA)として
見出される
他のカンナビノイドもその酸形態で見出される

カンナビノイド酸を「活性」型に変換する2つのものがあり、それは、熱と時間
である
バッズの乾燥期間が長く、また、バッズが大麻プラント上で成熟するほど、より
多くのカンナビノイド酸は分子構造を変化させる
これらの変化は、化合物が体と相互作用する様式に影響する
同様に、任意の種類の熱を適用することにより、これらの酸をわずかに異なる
分子に変換する
例えば、非精神活性型THCAは精神活性型THCになる

生の大麻を消費するとき、薬草を加熱するときよりも何百倍も多くのカンナビ
ノイドを消費することができる
これは生のカンナビノイド酸が体内で異なって使用され、精神活性物質と同じ
ようにカンナビノイド受容体に直接関与しないからである

実際、経口THCA消費を調べたげっ歯類の研究 は、いかなる精神活性THCも検出
することができなかった
むしろ、酸の代謝産物は、この過程を通して酸中にとどまると思われた
THCAの利点とそれが体内でどのように働くかについてのより多くの研究が非常に
必要である
生の大麻を摂取する最も一般的な方法は、ジュースとスムージーである


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR